仕事内容

WORKS

仕事内容

01
施工管理

【 大規模修繕 / リノベーション / 耐震設備 】

ヤシマ工業のもっとも得意とするマンションやビルなどの大規模修繕工事から、建物の省エネ性・断熱性を診断し、
次世代のスマートビルへと改善するリノベーション、さらには耐震診断・耐震改修まで、幅広い物件の施工管理として活躍します。

イメージ画像

ヤシマ工業における「施工管理」とは

施工管理は、一般的に「現場代理人」や「現場監督」と呼ばれ、現場において受注者(社長)の代理として請負契約の適切な履行を確保する責任のある仕事です。

改修工事の特徴は、お客様がお住まいの物件の工事を行うということです。ふだんの生活に極力影響を出さないよう、居住者の方と密にコミュニケーションをとりながら工事を運営します。

また、実際に施工を担当する職人さんと二人三脚で質の高い工事を提供していきます。

イメージ画像

具体的な仕事内容

  • ○工事計画の立案から、各協力会社への発注、予算管理、安全・品質管理、スタッフマネジメント、CS推進事業(アフターサービス)まで、一貫して担当します。
  • ○図面チェック、施工図作成、測量・データ分析、工程チェックなどを行います。
  • ○すでに人が住んでいる建物の改修工事の場合、居住者の方への説明など、折衝業務も行います。
  • ○現場の中核として、顧客へのリニューアル企画や提案、工事プロセスの改善や新たなしくみづくり、また、若手社員や協力会社の協力・育成に携わることもできます。

一般的な1日の流れ

8 : 00▼

8 : 00

現場に直行し開錠。本日の作業内容の整理などを行う。

8 : 30▼

8 : 30

朝礼。職人さんなど、本日作業に入る人たち全員と、作業内容の確認を行う。
12時までに1回、現場巡回。工程通り、仕様書通り進んでいるか、確認する。

12 : 00▼

12 : 00

お昼休憩 (1時間)

13 : 00▼

13 : 00

職長さんを集めて昼の打合せ。午後の仕事の段取り、明日の作業内容の確認を行う。
居住者の方への連絡事項などを、工事用掲示板に開示する。
夕方までにもう1回、現場巡回。危険な場所はないか、安全確認などを念入りに行う。

16 : 00▼

16 : 00

工具が置きっぱなしになっていないか、掃除が行き届いているかなど、現場確認をする。

17 : 30▼

17 : 30

現場作業終了。作業時間オーバーは、居住者の方に迷惑がかかるので時間厳守。

18 : 00

18 : 00

明日の段取りを確認。片付け、施錠をして、直帰。

  • 詳しくみる
  • 詳しくみる
  • 詳しくみる
  • 詳しくみる

02
技術営業

技術のわかる営業として、お客様の抱える課題やご要望に対し、
ヤシマ工業の保有するさまざまな改修プランをご提案し、受注までの役割を担います。

イメージ画像

ヤシマ工業における「技術営業」とは

一般的な営業と異なり、形のないもの=工事をお客様に買っていただく仕事です。しかも、建物の工事は数千万円〜と、非常に高価な買い物になるため、「信頼」を売る仕事と言えます。そのため、基本的には飛び込み営業はせず、お問合わせのあったお客様やリピートをいただいたお客様から寄せられる信頼に確実に応えられるよう、じっくりと関係づくりをしていきます。

イメージ画像

具体的な仕事内容

  • ○建物の調査診断(インスペクション)を行い、参考見積書を作成。工事に必要となるおおよその予算を算出します。
  • ○お客様の課題・ご要望に合わせ、豊富な施工実績に基づいた施工計画をご提案します。
  • ○再生プラン提案書、長期修繕計画などのプレゼンテーション資料を作成します。
  • ○受注した物件を、工事担当者に引き継ぎます。
  • ○基本的には既存の取引先やご紹介されたお客様への営業が中心となります。

一般的な1日の流れ

8 : 20▼

8 : 20

出社 (現地調査や打合せがある場合には直行することも)

8 : 30▼

8 : 30

朝礼

9 : 00▼

9 : 00

メール確認
お客様とのアポイント調整、資料作成、見積書作成などを午前中に対応する。

12 : 00▼

12 : 00

お昼休憩 (1時間)

13 : 00▼

13 : 00

お客様先や、施工現場を2〜3件訪問。基本的には電車、バスで移動。
社内、社外での打合せ対応など。

17 : 00▼

17 : 00

会社に戻ってきて、資料のとりまとめや明日の作業確認などを行う。

17 : 30▼

17 : 30

定時で帰れるときは、しっかり定時に会社を出る。

18 : 30

18 : 30

繁忙期は1時間程度残業してから、退社することも。

  • 詳しくみる
  • 詳しくみる
  • 詳しくみる
ホームへもどる
このページのトップにもどる