HOME > 賃貸マンション・ビルオーナーの方へ

賃貸マンション・ビルオーナーの方へ

大切な資産であるビルや賃貸マンションの価値を守るために

建物は長期にわたり活用できる資産です。
畑や果樹園と同じで、きちんと手をかければたくさんの果実を長くもたらしてくれます。

築30年を超える建物が急速に増えています。
建物の長期維持・運営のノウハウを持つことがとても重要になります。

当社は建物の潜在価値を引き出すため、ハード・ソフトの両面からオーナーの皆様を応援して参ります。

事業系の建物の場合、その資産価値に大きくかかわる要素が2つあります。
それは「残存寿命」と「長期修繕計画」です。
なぜなら、キャッシュフローに直接関係するからです。

「残存寿命」は、家賃などの収入があと何年得られるかを示します。
「長期修繕計画」は、将来の維持に必要な費用を正確に示したものです。
つまりこの2つが建物のキャッシュフローを決めるのです。

ところが、自分の建物の残存寿命を知っている方も、きちんとした長期修繕計画を持っている方も非常に少ないのが現状です。

当社では詳細な建物診断に基づき、建物の潜在寿命や正確な長期修繕費用を特定するエンジニアリング・レポートを作成し、皆様の建物運営をサポートします。

わが国ではこれまで建物価値を評価する仕組みが不十分でした。
そのため、築年数に応じて自動的に査定金額が下がり、まだまだ使えるのに査定価値ゼロの建物が続出しました。
しかし、こんな「資産価値ゼロ」の建物も改修によって潜在価値を引き出せば、新築以上の魅力を持つように生まれ変わらせることができるのです。

ページTOPへ