SDGsへの取り組み

壊さないことへの挑戦

—建物を守ることは地球を守ること—

近年、各地で発生している記録的な猛暑や大雨、洪水や干ばつ…今、世界中の人の関心は命の星、地球の環境に向いています。
そのため、太陽光発電などの自然エネルギーや電気自動車といった未来型のテクノロジーに期待が寄せられています。

 

でも、もっと身近なところで私たちにできることがあるのです。それは私たちが住んでいる建物を長く大切に使っていくことです。

 

これまでの日本では、古くなった建物は壊して建て替えることが当たり前でした。しかし、例えば建物を作っている鉄筋やコンクリート、あるいはガラス、これらはある意味エネルギーの塊です。スクラップ・アンド・ビルドを重ねるということは、当然ながらこれらの製造や運搬の過程で生じるCO2をどんどん放出することです。大量の材料を用いたマンションやビルを短期間で建て替えると環境負荷はかなりのものと言わざるを得ません。

また、建物は省エネの余地がとても大きいと言われています。建物は日々の生活や活動をする場として冷暖房などたくさんのエネルギーを使い、もちろんCO2もそれだけ放出しています。省エネ仕様への改修や断熱の強化などを通じ、年間を通じて温度変化が少ない快適環境をつくることで、それが結果として大幅なエネルギー削減につながるというわけです。しかも新築に比べ低コストで、家計にもやさしい。

『建物を守り、再生街づくりを通じて社会と地球環境に貢献する』
これはヤシマ工業の企業理念です。

 

私たちは、建物が古くなったら建て替えるのではなく、建物の資産価値を再生し、建物の活気を取り戻すことで、環境への負荷を大幅に軽減できるだけでなくそこに暮らす方や近隣の街、地域全体の活気も取り戻すことが出来ると考えています。

 

ヤシマ工業はこれからも”壊さないことへの挑戦”をスローガンに、マンション・ビルの修繕やリノベーションを通じて、
お客様の建物の長寿命化を支援してまいります。そして、建物の長寿命化を通じて地球の未来を守ります。

地域貢献活動

  • 環境保全ならびに地域貢献活動の一環として、有志の者が中心となり、週に1日、本社周辺の清掃活動を実施しています。
  • 地域貢献ならびに地域の皆様とのコミュニケーションの一環として、毎年、中野駅前で開催される中野通桜まつりで、本社の一部スペースを休憩所としてお使いいただいております。

健康経営の推進

  • 従業員の健康増進をサポートすべく、多目的スペースにトレーニングジムを開設しました。6種類の本格的なトレーニングマシンを無料で利用することができ、多くの従業員が健康づくりに活用しています。
  • 始業前におにぎりなどの軽食を無料で提供しています。朝食は活動的な一日を過ごすための入口、従業員の健康的な生活スタイルを促進するためのサポートです。
  • 従業員家族の病気の事前予防の観点から、同居家族全員のインフルエンザ予防接種と配偶者の健康診断・人間ドックの費用を会社で負担し受診を促しています。
  • 健康的な食事を気軽に楽しめるようプチ社食「オフィスおかん」を導入しています。健康に配慮したおいしいおかずを1品100円で、オフィスに居ながら楽しむことが出来ます。

二百年の歴史と丁寧な仕事

ヤシマ工業株式会社